Menu

中部

Home

幸果園

・ぶどう園名  幸果園
・ぶどう生産者名  鈴木吉地
・生産地  愛知県

自身にとってぶどうとは?と言う質問に対して帰って来た言葉が、
〝全てが手作り品であり、最高の芸術品といえる。″
この言葉に園主のぶどうに対するこだわり、思い入れを感じました。
『ぶどうの本場である地中海沿岸、中近東、中央アジア、カリフォルニア地域等は少雨、乾燥地帯であり日本での栽培は、それなりの適地に近ずける必要があります。当園は、ぶどう園を開拓する時に先ず低湿地は避けるべきと考え、水はけの良い山間地の峰にて栽培をしています。
標高230mの岡崎高原の新鮮な空気と水、そして昼夜の気温格差が大きい環境がブドウの調味料となり、当園でしか出せない味を作り上げることが出来ました。』

浅桑園

・ぶどう園名  浅桑園
・ぶどう生産者名  浅井喜代人
・生産地  愛知県

葡萄のふくおか

・ぶどう園名  葡萄のふくおか
・ぶどう生産者名  福岡 憲三
・生産地  愛知県

祖父の代よりブドウ栽培し始め早50年が経ちました。直売をしている我が家では、お客様と接することで、味はもちろん、珍しさ、品種構成、栽培技術等、常に考えてきました。
これからも皆様に、作り手の 気持ちが伝わる様な、ブドウ栽培をしていきたいと思います。
また近年 農薬は、皆さん懸念されていると思いますが、出来るだけ回数を減らし栽培しております。
毎年残留農薬検査をパス しておりますので安心してお召しあがり下さい。

浅果園

・ぶどう園名  浅果園
・ぶどう生産者名  梶野 浅治
・生産地  愛知県

・安心・安全を合言葉に、低農薬へのこだわり!(樹が丈夫に育つ環境作り)
(病害虫の早期発見・早期治療)
・肥よくな土へのこだわり!(完熟堆肥、魚かす、骨粉、マグロのアミノ酸、海草エキスなどの投入)
・病気のない樹へのこだわり、対話!(健康な樹からこそ、良いぶどうが収穫できる)
 その他いろいろな 『完熟ぶどうへの 思いやりとこだわり』 を大切にお客様に喜んでいただける葡萄作りを目指しています。

本新園

・ぶどう園名  本新園
・ぶどう生産者名  岡部政則
・生産地  愛知県

葡萄栽培は、紀元前4,000年頃から始められており、栽培作物の中でも最も古いもののひとつです。
世界では葡萄の品種は、20,000品種とも30,000品種とも言われていますが、これも果樹のなかでは最大です。
私自身、土壌の自然生態系を出来る限りくずさない自然草生栽培を目指し、葡萄畑には除草剤を20年間使用していません。
また 『葡萄の宝石箱!』 とお客様に喜ばれる様、試作研究中の品種を含め常に約60数種類の葡萄を栽培し、全ての葡萄が種なし皮ごとで食べられる事を目標に日々研究しています。